看護師と医者

だれにでもなる

頸椎椎間板ヘルニアというのは、中年になると発症する可能性が高くなります。頸椎椎間板ヘルニアの辛い期間を短くするためにも早期発見早期治療に取り組むことが大切となってきます。

Read more

症状を緩和させる

頸椎椎間板ヘルニアの症状を緩和させるためには鍼治療が一般的です。しかし、最近では妊娠している女性のためのマタニティーマッサージというものもありますので、症状を緩和しやすくなっています。

Read more

女性に多い病気

乳がんのこれまでの経過や経緯

乳がんは、乳房に有る乳腺で母乳を作るところに発生する悪性の腫瘍です。症状はしこり、乳首から汁が出たり、下着が汚れてしまったり、皮膚のくぼみ、痛みや脇の下のしこりなど様々です。乳がんは女性のがんの死亡原因のトップです。現在日本では、約20人に1人が乳がんになると言われています。年齢別に見た乳がんの発症率は、日本人女性でこれまでは発症率が45歳前後で最大となり、閉経後に低下します。しかし年々乳がんの発症率が高まってきており、また閉経後の低下もなだらかになってきています。その理由として、食生活の欧米化や閉経後の肥満が関与すると考えられるように変わってきました。乳がんの予防の方法はありませんが、乳がんは早く見つけて適切な治療を受ければ、怖くない病気です。

乳がん検診の今後は。

乳がん検診は、毎月1回のペースで乳がんの自己検診を生活の一部に組み入れる事が望まれます。自己検診は鏡に自分の乳房を写して行う方法と、触って調べる方法を行います。閉経後の人は毎月、日を決めて行う事が良いとされています。乳房の変形や乳首からの分泌物がないか、リンパ節が腫れていないか、などを観察します。しこりや痛みがあっても、乳がんではない事もありますが、もし普段と違う事に気が付いたら自分では判断せず、早めに乳腺科などの専門医の診察を受けます。医療機関で受ける乳がん検診では、自分で触っても分からないほど小さながんを発見できます。早期に発見するためには、医療機関で受ける乳がん検診が重要になります。今後は40歳をすぎたら乳がんにかかる危険が高くなるため自覚症状がない女性でも、2年に1回の乳がん検診をする事が必要です。

加齢とともに発症

年齢を重ねることで、体の様々な部分に彼による疾患があらわれます。圧迫骨折もその一つです。圧迫骨折について知り、予防や治療として活用していくようにするとよいでしょう。

Read more